ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
東京都船形学園 東京都船形学園

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です

園について

東京都船形学園は、東京都社会福祉事業団が運営する都立の「児童養護施設」です。 館山湾(鏡が浦)が目の前に広がる、自然豊かな場所で運営されています。

園についてイメージ写真
園長あいさつ
園長から皆様に、ご挨拶申し上げます。
園の概要
本園の施設や事業の概要についてご覧いただけます。
成り立ち・沿革
本園は、明治42年5月に、虚弱児施設「安房分院」として現在地に設置されました。
これまでの歩みをご覧いただけます。
養護理念
子ども一人ひとりが心身ともに健やかに成長できるよう、最大限の支援をします。
情報公開
学園では、毎年事業計画を作成し、計画に基づいて事業を展開しています。
事業計画書・予算書などをご覧いただけます。
防災の取組み
大規模な震災が派生した場合においても、利用者と職員の安全を確保し、業務を継続できるように「震災時における事業継続計画(BCP)及び対応マニュアル」を策定しています。

ページTOPへ戻る