ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
東京都石神井学園 東京都石神井学園

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です

園について 園長あいさつ

東京都石神井学園は、明治42年の創立以来今日まで110年以上の歴史を有しております。学園内には、創設者である渋沢栄一の書が刻まれた石碑『日々新又日新』が現存しています。「すべてが形式的に流れることなく、何事も“日を新たな気持ちで”という心がけを大切にすること」という言葉をメッセージとして、長年掲げてきています。私自身も、渋沢の著『論語と算盤』にある「お互いに相手を思いやる気持ちを持ち続ける心がけがあってこそ、初めて本当の調和が実現できるのである」ということを銘肝し、児童福祉施設の運営に努めてまいりたいと考えております。

現在学園においては、東京の児童福祉のセーフティネットとしての役割を担うとともに、虐待に起因する重篤な愛着障害を抱える子供たちを対象とした東京都の連携型専門ケア機能モデル事業を実施しています。また、地域社会で民間住宅を活用したグループホーム事業、近隣3区から受託するショートステイ事業と、幅広く児童支援に取り組んでいます。

どのような時代や社会にあっても、学園は家庭に代わる安全で安心できる生活の場でなければなりません。一人ひとりの子供が愛され大切にされていると感じることができ、将来に希望が持てるよう、職員は真剣に子供たちと向き合っていきたいと考えております。
子供たちに関わるすべての関係者の皆様の御理解と御協力をどうぞよろしくお願いいたします。

東京都石神井学園
園長 栗原 博


ページTOPへ戻る