ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
東京都石神井学園 東京都石神井学園

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です

園について 園長あいさつ

東京都石神井学園は、明治42年の創立以来今日まで110年の歴史を刻んできました。学園の規模も大きく、この間常に都立の児童養護の中核的施設として、特別な支援を必要とし、他施設ではなかなか受け入れが困難な子ども達の支援に対しても積極的に取り組んできました。
これまでに営々と築かれてきた伝統は、後に続く私達にとって何ものにも代え難い貴重な財産であり、学園に蓄積されたこうした先人達の知恵にも丁寧に目を向けていくことが大切だと考えます。

現在学園においては、本体施設の運営とともに、地域社会で民間住宅を活用した3か所のグループホーム事業、近隣3区から受託するショートステイ事業、虐待に起因する重篤な愛着障害を抱える児童を対象とした都の連携型専門ケア機能モデル事業と、幅広く児童支援に取り組んでいます。

いずれにしても、どの時代・社会にあってもさまざまな理由により心に傷を負って入所してくる子どもにとって、学園は家庭に代わる安全で安心できる生活の場でなければなりません。言うは易しで現実はなかなか厳しい面はありますが、学園での新たな人との出会いや経験が、確実な大人への成長の糧となるよう職員は真剣に子ども達と向き合っていきたいと考えています。
子ども達を取り巻く全ての関係者の皆さまの御理解と御協力をどうぞよろしくお願いいたします。

東京都石神井学園
園長 福山 雅史


ページTOPへ戻る