ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
東京都勝山学園 東京都勝山学園

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です

園について 園長あいさつ

勝山学園は、児童福祉法に定められた社会的養育機関です。当学園の前身である保田児童学園が保田町大字元名(現鋸南町元名)から、昭和51年4月に鋸南町下佐久間に移転し、名称を勝山学園に改め、地域の皆様をはじめ、関係機関のご理解並びにご支援を得て施設を運営してまいりました。

運営にあたっては学園の養育理念及び倫理綱領に則り、子どもたちの人権を守る使命を持ち、児童一人ひとりの自己肯定感を育みながら、情緒の安定を促し、生活習慣、社会性の習得、健全な成長を支援しています。また、児童や保護者の状況を的確に把握しながら、家庭的な養育に徹し、安全で安心な生活の確保と「共に生きる」という心を育み、仕事の専門性を自覚し、日々最善の援助を実践しています。

気候温暖で四季を通じて花々の美しい自然豊かな鋸南町の素晴らしい環境の中で、今年度も感染防止対策の徹底を継続しながら、子どもたちを支援してまいります。コロナによる影響が長期化し、厳しい状況が続いておりますが、地域や関係機関の皆様とのつながりを一層大切にしながら、引き続きご理解とご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

東京都勝山学園長 弥重 寿樹


ページTOPへ戻る