ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
日野療護園 日野療護園

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です

園について 園長あいさつ

日野療護園は、身体に重い障害をもつ常時介護が必要な方を利用の対象として、利用者様ご自身が自分らしい人生を送れることができるよう、プライバシーを尊重した、信頼と絆を大事にした支援をしております。そして、職員一人ひとりは、持てる力を出し合いながら、ご利用者の皆様一人ひとりに寄り添った支援を進めています。

1981年に都立施設として開設され、利用者様を始め、福祉関係の皆様や、地域、ボランティアの皆様方など、多くの方に支えられて事業を発展させてきました。
2006年から指定管理者としての指定を受け、2015年に東京都社会福祉事業団による初めての自主運営施設として、施設入所支援、生活介護、短期入所事業、相談支援事業など、地域とのつながりを持った、地域に貢献する事業(役割)を担っています。

最重度障害者や重複障害者、特別な支援を必要な利用者様の積極的な受け入れ、また、在宅で暮らす障害者の方のセーフティネットとしての役割を担い続けてきました。そして、2015年の東京都社会福祉事業団による自主運営以降は、特に福祉職の人材育成・定着に力を入れています。職員一人一人の支援の知識・技術はもとより、チームとしての支援アプローチなどを進め、安全・安心で、質の高い支援の提供に努めています。このことは、日野療護園が開設以来積み重ねてきた、利用者様の思いを受け止めた、真の意味での利用者様本位の支援に繋がることであり、これからも力を入れて取り組んでまいりたいと思っております。

引き続き、利用者様をはじめ、ご家族様、福祉関係の皆様や、地域、ボランティアの皆様方など多くの方々の温かいご支援(支え)をいただきながら、利用者様一人ひとりを大切にした、明るい笑顔が溢れる園運営を進めていきます。
どうぞよろしくお願い致します。

日野療護園 園長 山中 茂幸の写真

日野療護園 園長 山中 茂幸


ページTOPへ戻る